FRPの総合メーカー AGCマテックス株式会社(旧旭硝子マテックス株式会社)

製品情報

ASAHI-PPS精密シリーズ

超精密成形グレードPPS(#6259)

従来の精密成形グレードはフィラー高比率配合の思想に基づいており、「異方性が大きい」「流動性が低下する」などの問題がありました。
弊社は全く新しい概念によるコンパウンド設計のアプローチをし、問題解決に成功。 この結果、次のようなコンパウンド材料を開発致しました。

1.成形異方性が殆どない
2.流動性が良好

更に、精密成形材料BMCで培った弊社の成形技術、金型技術と組合せ、次世代の熱可塑精密成形品をご提供します。(本製品は成形品販売のみです)

自動車自動変速機系部品(アルミダイキャストからの置換)
写真1 自動車自動変速機系部品(アルミダイキャストからの置換)

成形条件

成形材料:PPS系精密成形グレード #6259

評価試験機

1. 外形測定:レーザスキャンマイクロメーター(ミツトヨ社製)
2. 真円度、円筒度:円筒度測定機(東京精密社)
テストピース寸法
図1 テストピース寸法

結果1:成形品外径寸法(φ12)測定結果

成形品外径寸法(φ12)測定結果
表1. 成形品外径寸法(φ12)測定結果

結果2:真円度・円筒度測定結果

 真円度・円筒度測定結果
表2. 真円度・円筒度測定結果

外形測定結果

グラフ1.が示す通り、外径(φ12)の測定結果は、最大と最小の差の値は「4.3〜6.4μm」になりました。
更に、全サンプルを対象と考えてもその差は「8μm」となり、目標の公差「10μm以下」が達成されました。

真円度・円筒度の測定結果

グラフ2.に示す通り、真円度及び円筒度を測定した結果についても、開発目標の目標の公差「10μm以下」が達成されました。

製品紹介
  • お問い合わせ送信の後に、関連カタログのダウンロードが可能(選択可)です。
お問い合わせ

ASAHI-PPS精密シリーズに関するお問い合わせ

東京支店:
製品紹介