FRPの総合メーカー AGCマテックス株式会社(旧旭硝子マテックス株式会社)

製品情報

FRP眩光防止板

FRP眩光防止板の特長

FRP眩光防止板の特長 AGC眩光防止板はSMC(シート・モールディング・コンパウンド)と支柱金具を、コンプレッション成形※1を用いて一体成形しており、強度・耐久性に優れていおり、10年以上の耐用が可能です。
10年経過後に強度保持率が当初の60%前後に低下しても、なお風速50mに耐えうる強度を保持します。また、積雪地域において凍結防止剤が使用される場合、塩化カルシウムによる腐食は、全くありません。
※1:SMCコンプレッション成形法については「FRPとは?」をご覧ください。

FRP眩光防止板の施工事例

FRP眩光防止板の施工事例
ガードレール用間隔材、丸支柱、
角支柱との対応可能です。
FRP眩光防止板の特長

FRP眩光防止板の仕様

表1. 製品仕様

仕様 タイプ別 製品重量〔kg〕 取付金具重量〔kg〕 (参考)図面No
ガードレール用 Asタイプ 5.50 2.16 (AGM-101)
Csタイプ 5.50 3.16 (AGM-104)
ガードケーブル用 Esタイプ 6.65 0.52 (AGM-407)
Dsタイプ 2.51 0.56 (AGM-403)
Hsタイプ 6.65 4.35 (AGM-405)

表2. 物性規格

項目 規格
曲げ強さ 130N/mm2以上
曲げ弾性率 6kN/mm2以上
引張強さ 60N/mm2以上
圧縮強さ 100N/mm2以上
樹脂含有量 75%以下

※コンクリート壁高欄など特殊取付金具にも対応いたします。詳細は担当者までお問い合わせください。

製品紹介
  • お問い合わせ送信の後に、関連カタログのダウンロードが可能(選択可)です。
お問い合わせ

FRP眩光防止板に関するお問い合わせ

東京支店:
大阪支店:
製品紹介